モバイルルーターに潜む危険性

モバイルルーターは無線を使用しますから、気になるのは、そのセキュリティではないでしょうか?

特に、街中では、カフェや駅を中心に、公衆無線LANスポットが増えています。

モバイルルーターには月のデータ使用量が決められていますから、公衆無線LANスポットを使うと、データ使用量を節約できるので便利です。

とはいうものの、Wi-Fiには実は危険なリスクが潜んでいます。

通信の内容を誰かに盗み見られたりする危険性があるのです。

例えば、管理が適切でないWi-Fi、(多いのは、無料で提供している無線LANスポット)で、Wi-Fiに接続すると、その電波を受信できる範囲にいる人物が、通信を傍受することが可能です。

傍受された電波はどうなるの?

傍受した電波はどのように利用されるのでしょうか?

実は、「ネットワーク解析ツール」というものを使うと、どんなデータをやり取りしているのかが、丸見えになってしまうのです。

例えば、公衆無線LANにて、ネットショッピングをした場合、ネットワーク解析ツールで、クレジットカードの番号を盗まれて、カードの不正利用をされるケースが考えられます。

よって、無料で提供されているWi-Fiから、個人場情報が特定できるような取引はしない方が良いでしょう。

傍受されるのを防ぐためにはどうしたらいいの?

まず言えるのは、無料で提供されている無線LANには接続しないということが挙げられます。

特にパスワードなしで利用できる無線LANは危険であると言えるでしょう。

悪意を持った人間が、あなたの情報を傍受しようとしているかもしれません。

「自分は大丈夫」と、安易に考えずに、しっかりとセキュリティが守られているWi-Fiを使うことが良いでしょう。

自分でもモバイルルーターを使い、外でネットを使用している方は多いでしょう。

その場合、やるべきことはただ1つです。

それは、パスワードの管理を徹底するということ。

決して人に簡単に知られてしまうパスワードを設定することはやめましょう。

セキュリティを高めることが、他人に情報を傍受される可能性を小さくすることができるのです。



to TOP